5500a

文章力を伸ばす

発売日 2017.05.31
著者 阿部紘久
判型 四六判/並製
ページ数 216
ISBN 978-4-534-05500-2
価格 ¥1,404(税込)

30万部のベストセラー『文章力の基本』が進化し、6000件の文章指導のポイントを集大成した最新作。「受け手発想で書く」「意味の狭い言葉を使う」など、陥りがちなポイントを81に整理して、原文と改善例の対比によってわかりやすく解説。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
第1章 受け手発想で書く
第2章 文の基本形を確かめる
第3章 言葉を削れば、より多く伝わる
第4章 読むそばからスラスラ分かるように書く
第5章 文を分ければ、スムーズに伝わる
第6章 的確に書く
第7章 「てにをは」を使いこなす
第8章 読点は意味の切れ目に打つ
第9章 共感が得られるように書く
第10章 長文をスッキリ構成する
第11章 視覚的効果と表記に気を配る
第12章 話し言葉の影響を避ける
おわりに

著者プロフィール

阿部紘久

あべ・ひろひさ
東京大学卒。帝人(株)で、宣伝企画、国際事業企画、開発企画、経営企画に携わった。その間に、タイ、韓国、イタリアの合弁会社に10年間勤務。その後、米国系企業のCEOを務めた。2005年から昭和女子大学ライティング・サポートセンターで文章指導を行う傍ら、社会人も指導している。主な著書に『文章力の基本』(日本実業出版社)、『文章力の基本100題』(光文社)、『シンプルに書く! 伝わる文章術』(飛鳥新社)などがある。

関連書籍

ページのトップへ