5467a

10秒で伝わる話し方

発売日 2017.01.28
著者 荒木真理子
判型 四六判/並製
ページ数 224
ISBN 978-4-534-05467-8
価格 ¥1,512(税込)

エレベーターで乗り合わせた上司に、面接での最後の一言、合コンの自己PRタイムなど、ビジネスでもプライベートでも、たった10秒の話し方が大きな武器に変わります。苦手な場面でも緊張せず、しっかり伝えることができるようになる方法が満載の1冊です。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

Chapter1 「短く話す」ことにはメリットばかり
Chapter2 頻繁に出くわす苦手シーンもたった「10秒」で克服
Chapter3 できる人はやっている「10秒」伝達のコツ
Chapter4 どう話す? 相手の心に刻む「10秒」のストーリー
Chapter5 「10秒」を最大限に生かす+αのテクニック
Chapter6 つなぎ話法「10秒×α」でいざ、スピーチ・プレゼン!
Chapter7 人前がこわくなる! すぐにできる「あがり症」対策

著者プロフィール

荒木真理子

あらき・まりこ


気象キャスター。埼玉県生まれ。慶應義塾大学商学部卒業。300倍の難関を突破して、宮城テレビ(日本テレビ系列)にアナウンサーとして入社するも、極度のあがり症・早口で、放送中に恥をかき続ける毎日をすごす。


報道番組を担当するなかで、ある偶然から「10秒伝達術」を編み出し、そのスキルを特化させることであがり症を克服することに成功。その後、取得した気象予報士の資格を生かし、テレビ朝日報道局ウェザーセンターの気象予報士に転身。レギュラー出演していた『ANNスーパーJチャンネル』では、必要な情報を徹底的に分析し、かぎられた時間内でわかりやすく伝える姿勢が視聴者に支持され、番組創設17年の歴史のなかで最高視聴率を打ち出す。さらに『報道ステーション』では、防災・災害報道の気象解説委員として活躍。


現在は気象予報士として勤務する傍ら、テレビ朝日新人アナウンサーへの「話し方」の指導にも携わっている。

関連書籍

ページのトップへ