5418

中小企業の「人事評価・賃金制度」 つくり方・見直し方

発売日 2016.08.25
著者 大津章敬
判型 A5版/並製
ページ数 240
ISBN 978-4-534-05418-0
価格 ¥2,160(税込)

有効求人倍率がバブル経済期に匹敵する水準に達するなか、「採用難に陥っている」「社員が定着しない」と悩んでいる中小企業向けに、人事制度の設計を得意とする実力派の社会保険労務士が、人事評価・賃金制度改革の具体的手順をわかりやすく解説!

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
第1章 中小企業は大企業の人事制度をマネしてはいけない!
第2章 新人事制度のコンセプトの明確化と等級制度の整備のしかた
第3章 貢献度に見合った賃金を支給する仕組みをつくる
第4章 賞与制度・退職金制度はゼロベースから考える
第5章 人事評価制度を通じて会社の考えを社員に伝える
第6章 新しい人事制度を就業規則にまとめ、社員に説明する
第7章 時代の流れを受けて変化する人事制度
第8章 ダウンロードして使える人事関連規定・各種フォーム集
おわりに

著者プロフィール

大津章敬

おおつ・あきのり


社会保険労務士法人名南経営・代表社員。株式会社名南経営コンサルティング執行役員。社会保険労務士。


1971年愛知県出身。大学在学中に社会保険労務士資格を取得し、1994年に株式会社名南経営コンサルティングに入社。企業の人事制度整備・就業規則策定など人事労務環境整備を専門とする。なかでも社会保険労務士としての労働関係法令の知識を活かし、労働時間制度など最適な制度設計を実施したうえで、それを前提とした人事制度の設計を得意としている。

関連書籍

ページのトップへ