5302

モンテッソーリ流「自分でできる子」の育て方

発売日 2015.08.06
著者 神成美輝 著/百枝義雄 監修
判型 四六判/並製
ページ数 184
ISBN 978-4-534-05302-2
価格 ¥1,512(税込)

モンテッソーリ流子育てとは、子どもの「敏感期」を知って(知る)、観察して(見守る)、適切に働きかける(ときどき助ける)、という欧米で実績のある子育てメソッド。特定の能力開発のために、環境に対して「敏感」になる時期(敏感期)、の対処法を教える。

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

章立て

はじめに
1章 「子ども」って何だ?
2章 子どものこだわりをヒントに「才能」「能力」を伸ばそう!
3章 「観察→発見→見守る」から始まる、今すぐできる10のこと
4章 「自分でできる子」になる環境の整え方
おわりに

著者プロフィール

神成美輝 著/百枝義雄 監修

かんなり・みき


幼稚園教諭4年間、病児保育室2年間を経て、モンテッソーリ教育で著名な早稲田フロンティアキッズに7年間勤務。その後、2009年12月フロンティアキッズ河田町開設に伴い園長就任。保育士、幼稚園教諭2種。モンテッソーリ教育をさらに実践するために2012年モンテッソーリ教師の資格を取得し、園長を辞めて現場に復帰して、系列のメデュケア モンテッソーリナーサリースクールにて一指導者として勤務した。子どもだけでなく、親への啓発にも力を入れている。子どもは1人。モンテッソーリの現場に精通している。

ももえだ・よしお
吉祥寺こどもの家園長。モンテッソーリ・ラ・パーチェ トレーニングコース代表。
大学卒業後、進学塾の講師・運営職を経て、不登校・高校中退生のためのフリースクールを設立する仕事に従事。人格の土台を形成する教育の必要性を感じ、モンテッソーリ教育と出会う。1998年、モンテッソーリ教育施設「吉祥寺こどもの家」を開園。2012年、新しい教員養成コース「モンテッソーリ・ラ・パーチェ」を立ち上げ、代表を務める。日本全国で、保育士・幼稚園教諭・両親など様々な大人を対象として保育、育児についての研修会や講演会を行う。著書に『父親が子どもの未来を輝かせる』(2012年、ソフトバンククリエイティブ)、『「1人でできた!」を助ける おうちでモンテッソーリ子育て お母さんはラクになり、子どもの未来が輝く』(2013年、PHP研究所)。

関連書籍

ページのトップへ