4910

じゃ、やってみれば

発売日 2012.01.18
著者 阿部秀司
判型 四六判/並製
ページ数 320
ISBN 978-4-534-04910-0
価格 ¥1,620(税込)

『ALWAYS 三丁目の夕日』をはじめ映画プロデューサーとして数々のヒットを創り出し、日本を代表する映像制作会社「ROBOT」の創業者が語る「クリエイティブとビジネスの最大公約数の求め方」。「正解」はないが、限りなく近づけることはできる!

オンラインストアで購入する

テキスト採用など、大量・一括購入に関するご質問・ご注文は、弊社営業部(TEL:03-3268-5161)までお問い合わせください。

著者プロフィール

阿部秀司

あべ・しゅうじ
1949年、東京都出身。慶応大学法学部卒業後、第一企画入社。コピーライター、CMプロデューサー、クリエイティブ・ディレクターとして活躍後、1986年に映像制作会社である「ROBOT」を設立。以後、『Love Letter』『ジュブナイル』『サトラレ』『Returner』『ALWAYS三丁目の夕日』『ALWAYS続・三丁目の夕日』『K-20 怪人二十面相・伝』『RAILWAYS』シリーズ、『SPACE BATTLESHIP ヤマト』『friends もののけ島のナキ』『ワイルド7』などをプロデューサーとして手掛ける。2010年7月には「阿部秀司事務所」を設立。

関連書籍

ページのトップへ